春くらべ3

d_200228pr

 

最後の夏休み―

「どちらかを選べと言われたら俺は綾ちゃんを選ぶ…」
その想いとはうらはらに広木は香純の体を求め続け
そして香純もその広木の想いに応じ続けていた…

夏休みになって二人の体の関係はより深く、加速して行き
広木は香純の「アナル開発」にいそしんでいた。
二人はまるでそれが夏休みの研究課題であるかのように
休みの間中、何度もアナルセックスを繰り返し徐々にその味を知って行った。

香純「夏休み中はオマンコ禁止だよっ!!…お尻に挿れて」

そう囁く香純には実は秘密の理由があった…


一方、綾は進学のため塾や家出の勉強に追われなかなか広木も会えず
どんどん大人びていく綾には様々な男から声がかかるようになり…

自立した大人へと向かって自分の生き方を考える
広木と綾と香純…それぞれがそれぞれの生き方を
選んでいく中で今という時間が永遠ではないと知り
3人はお互いの体に自分の存在理由を求めて愛撫し合う…


○「春くらべ」シリーズ第3弾!!
○怒涛の134ページ!!

 

d_200228jp-001
d_200228jp-002
d_200228jp-003
d_200228jp-004
d_200228jp-005

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました