金髪爆乳のロシア人妻学園長高堂マリヤが堕ちるまで

d_200180pr

-あらすじ-
娘エリカの様子がおかしいことに気づいた実業家の母・マリヤは
エリカの●●を買収し、学園長として乗り込んだ。
しかし、元凶と目星をつけた体育教師の黒木をクビにしようとしたところ
マリヤは娘の裏切りにあって拉致監禁されてしまう。
『説得』という名の調教に七日間耐えれば解放するという
黒木の口車に乗りマリヤはこの勝負を受けてしまうが――…
—————————————————————————
*こちらはオリジナルエロ同人漫画
『テニサーの女王が備品のチンポクリーナーに墜とされる話』の
3作目になります。

1作目『テニサーの女王が備品のチンポクリーナーに墜とされる話』
2作目『学園長高堂マリヤをチンポクリーナー二号に墜とす(序)』
3作目『金髪爆乳のロシア人妻学園長高堂マリヤが堕ちるまで』


◯キャラ概要
【高堂エリカ】
私立塩光学園2年生。
テニスの天才で海外へのテニス留学が既に決まっている。
親が学園に多額の献金をしているため、
教師・生徒問わず学内で彼女に逆らえる人間はいない。
気は強いが正義感が強く純真で処女は結婚初夜に旦那様に捧げるものと決めている。
かわいいもの好きで年下のショウ君と付き合っているが、
性欲を抑えきれなくなってグイグイ押してくる彼を手で慰めて処女を守っている。
しかし、体育教師、黒木の脅しにより処女を奪われ、
チンポクリーナーに墜とされてしまう。

【黒木】
私立塩光女学園の体育教師。
生徒指導担当。テニス部顧問も務める。
職権乱用して気の弱い女生徒にセクハラをしている。
セクハラをエリカに目撃され、制裁(物理)を加えられたことがあり
エリカに恨みを抱いている。
エリカがショウに迫られて仕方なく行った授乳手コキの
現場を押さえ、エリカと立場が逆転。
エリカが卒業するまでの間、オマンコ以外の全ての穴で
奉仕させるというオナホ奴●契約を結ばせる。
エリカをチンポクリーナーに堕とし、テニス部員の強化のために
エリカを輪●させているが、人手が足りないと感じ
マリヤをチンポクリーナー2号に堕とそうと画策している。

【マリヤ・ミハイロヴナ・高堂】
高堂エリカの母。生粋のロシア人。元オリンピック体操選手。
複数の会社の社長を務める資産家で冷徹な理想家。不正と不道徳を嫌う。
娘のエリカがテニスをやめたことに不審を抱き、塩光学園を買収し、新学園長として乗り込み、
黒木の女生徒に対するセクハラを告発。クビを宣告する。
胸にコンプレックスがあり見られるのを嫌う。エリカを妊娠して以降はセックスレス。


-収録内容-
フルカラー漫画
『金髪爆乳のロシア人妻学園長高堂マリヤが堕ちるまで』
・JPG 36枚【本文31枚】
・PDF版

d_200180jp-001
d_200180jp-002
d_200180jp-003
d_200180jp-004
d_200180jp-005
d_200180jp-006
d_200180jp-007
d_200180jp-008

コメント

タイトルとURLをコピーしました