オレの初恋幼なじみが、男友達のセフレだった件NTR風味

d_189419pr

「起きろー!大野アキト!」

朝、オレはいつもコイツに起こされる。

「ひゃ、ちょ何見せんのよー」

勝手に、かけ布団をめくる方が悪いと思わないか?赤くなった頬を優しくさすりながら、オレは、降矢まひろに、ぶつくさ文句をいう。

「アキトが、あんな格好で寝てんのが悪いんでしょ」
「暴力女に起こしてくれ、なんて頼んでない」
「なによー。遅刻の常習犯のくせに。宿題だっていつも忘れてるし。ウチが助けてあげないと、いつか取返しつかなくなっちゃうんだから」

いつもの学校への登校風景。オレとまひろは、いつものような会話をしていた。

「今日も仲いいねー。お二人さんー」
横田ナオヤが、オレとまひろの肩を組むように割ってはいってきた。

「ひゃ、なにすんのよ」
いつものように、まひろにセクハラしたナオヤが、ぶん殴られた。

「まったまった、殺さないでー」
オレ達、3人は、昔から、ずっと一緒だった。

・・・・・

・・・ずっと、この関係が続いてほしい。本気で思っている。・・・けど・・・・オレは・・・3人の関係を壊してしまうかもしれない。・・・まひろ、オレは、お前が好きだ。今朝だって、お前のことを想像して・・・。

その日の午後。校舎裏。オレは、体育の終わり、用具の片付けから戻るため、一人で歩いていた。

「ちょっと・・・こんなところで・・・」

女の声が聞こえてきたので、軽い気持ちで覗いてみた。

まひろとナオヤが、〇〇〇をしていた。

「肉便器が、こぼすなよ」
「イジメ・・・ないで」

カサッ。物音に驚いた2人は、とっさにこちらを向く。オレは隠れた。2人は、いそいそと去っていった。

嘘だろ・・・?あの2人が・・・。

放課後。ダメなこととわかっていながら、オレは、2人のあとをつけていった。そして、ナオヤの家の庭で、オレは、見たくないものをみていた。

それは、アダルトサイトで行われているような風景。オレとまひろで、そうなってほしかった風景。

信じられない・・・。
信じたくない・・・2人が・・・付き合っていたなんて・・・。

(肉便器が、こぼすなよ)

肉便器・・・・?まて。どういうことだ?付き合っていたら、そんな言い方しないはず。・・・もしかして・・・いや、そうだ。

ナオヤのヤツ、何か弱みを握って、まひろを・・・

・・・いや・・・なに考えてんだ。親友を疑うなんて・・・。

疑心暗鬼に包まれたオレは、中の2人の様子から目が離せなくなっていた。

オレは・・・まだ、まひろをナオヤから強引に奪う方法を探していた。

===================================

本番あり。断面図あり。

著者:赤本

〇差分込み本編100ページ

〇全編フルカラー

〇まひろルート(まひろ目線Ver)(108ページ)

〇体験版に冒頭29ページ収録

d_189419jp-001
d_189419jp-002
d_189419jp-003
d_189419jp-004
d_189419jp-005
d_189419jp-006
d_189419jp-007
d_189419jp-008
d_189419jp-009
d_189419jp-010

コメント

タイトルとURLをコピーしました