僕が先に好きだったあの子が適当な陽キャに処女を奪われる話。

d_191788pr

好きな人が出来た。

でも、遊びに誘うでもなく告白するでもなく、
ただ彼女が僕に興味を持ってくれないかと
そう祈るだけで変わらない日々が過ぎていくだけだった。

そんな中、彼女に近づく一人の男の姿が…

性に疎く、セックスを知らない彼女が
はじめは抗いながらも次第に快楽に堕ちていく。

その姿も、声も、しぐさも、僕は知らない。

d_191788jp-001
d_191788jp-002
d_191788jp-003
d_191788jp-004
d_191788jp-005
d_191788jp-006
d_191788jp-007
d_191788jp-008
d_191788jp-009
d_191788jp-010


コメント

タイトルとURLをコピーしました