おじさんで埋める穴

d_190663pr

楓はぼんやりと何かを見つめていた。
目線の先にはただの中年の男が歩き去って行くだけだった。
その事を友達に指摘されると、楓は恥ずかしそうに頬を赤らめた。

d_190663jp-001

d_190663jp-002

d_190663jp-003

d_190663jp-004

d_190663jp-005

d_190663jp-006

d_190663jp-007

d_190663jp-008

d_190663jp-009

d_190663jp-010

コメント

タイトルとURLをコピーしました