春衡伯爵家の事情 明治初期篇+知足ルート(約束&婚禮)

d_178030pr

『春衡伯爵家の事情 明治初期篇』と
知足ルート:『春衡伯爵の約束』&『春衡伯爵の婚禮』の合本版!


――明治初期篇―――――――――――――――――――――――――

御一新後の明治初期。
春衡(はるひら)家に仕える女中のレイは、
老賢帝と名高い芳長にずっと想いを寄せていた。

レイは老女のタカに一計を授けられ、一日だけ殿様の湯殿番に。

「お恐れながら申し上げます…
ずっと……殿様をお慕いしております……!
何卒……お慈悲を……!」



――知足ルート(『春衡伯爵の約束』&『春衡伯爵の婚禮』)―――――――

明治17年、春衡伯爵家の若殿様である芳則が横浜港へ降り立った。
彼は英国で長きに亘って学問を修めた後、やっと日本へ帰ってきたのだった。

帰国後、芳則は或る約束――静を正妻に迎える――を実現する為に奮闘する。
それは新時代の象徴のように周囲の目には映ったのだった……。

そして、春衡家の最高権力者である殿様に就任した芳則。

彼は●●頃からの夢を叶えて、静を正室に迎えた。

想いが通じ合った二人の仕合わせな日常。
二人は竟に待ち望んだ初夜を迎える。


「大人はずるいですね。こんなに気持が好くて幸せな営みを
●●には隠しているのだから」



――――――――――――――――

明治時代の華族、春衡伯爵家。

一族の
淫靡な姿を描き出す
官能浪漫譚



作者:菊月太朗


全123ページ
漫画:78ページ
表紙:6ページ
副読本(『春衡伯爵家の輯佚書』):20ページ
その他(あとがき/オマケなど):19ページ


収録作品:春衡伯爵家の事情 10巻(『春衡伯爵家の事情 什』)、
春衡伯爵の約束(『春衡伯爵の約束~春衡伯爵家の事情 異説~』)、
春衡伯爵の婚禮(『春衡伯爵の婚禮~春衡伯爵家の事情 異説~』)、
春衡伯爵家の輯佚書
テキストデータ「はじめにお読みください」(ページ数に含まれません)

d_178030jp-001
d_178030jp-002
d_178030jp-003
d_178030jp-004
d_178030jp-005
d_178030jp-006
d_178030jp-007

コメント

タイトルとURLをコピーしました