俺の好きな人は、お狐さん!

。幼少時、両親を失くした祐作は、親戚の家で育てられることに。
しかし、その家に子供が生まれてから、孤独感、疎外感に襲われる祐作。
そんな時、神社で出会ったのがお狐さんだった…。

祐作の境遇を知り、母親代わりとして、世話を焼くようになったお狐さん。
そして、子供だった祐作もいつの間にか青年へと成長。
しかし、お狐さんは歳をとることなく、その美しさは出会った頃のまま。
肉感的なボディも…。
いつしか祐作はそんなお狐さんを、母親代わり以上の存在として意識するようになる

d_161798jp-001
d_161798jp-002
d_161798jp-003
d_161798jp-004
d_161798jp-005
d_161798jp-006

コメント

タイトルとURLをコピーしました